疑問と矛盾と違和感のトリプルパンチ「真木よう子」(TVふうーん録)

芸能週刊新潮 2017年8月17・24日夏季特大号掲載

 野心満タンの女は好きだ。でも、その野心の行方がよくわからない女は苦手。金か男か、地位や権力なのか、賞賛と羨望なのか。もくろみが行方不明の女ほど、気持ちの悪いモノはない。

 そんな、野心が絶賛空回り中のドラマが「セシルのもくろみ」である。期待していたのだが、今夏の「がっかり2大作」のひとつに。間違いなく問題児は主役だ。

 埼玉県在住のパート主婦が女性ファッション誌の読者モデル(読モ)として、のし上がっていく物語だと聞いていたのだが、話を追うごとに「なんじゃこりゃ?」が加速していく。

...

記事全文を読む