茂木経済再生相、公選法違反を否定も“証拠リスト”入手

政治週刊新潮 2017年8月31日秋風月増大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 この度の内閣改造で、4度目の入閣を果たした茂木敏充経済再生相(61)。「週刊新潮」前号が報じた公職選挙法違反について否定コメントを発表したが、その“証拠”となるリストが存在していた。

 ***

 小誌が報じたのは、茂木事務所が地元・栃木5区の有権者に、約3000部の「衆議院手帖」を配布していた問題である。配布の対象は、各地域の後援会幹部が主だが、その中には後援会費や自民党費を払っていない人物が多く含まれ、彼ら自身も無償で提供を受けていると認識していた。

 “選挙区内”の“不特定多数”に“無償”で有価物を配布するこの行為は、

「公選法が禁じる『寄附行為』に該当し、違法である可能性が高い」(政治資金問題に明るい上脇博之神戸学院大教授)

 これに対し、茂木事務所は8月9日に“政党支部の政治活動だから問題ない”旨のコメントを発表。しかし、小誌は手帖の“配布リスト”を入手している(写真)。「手帳配布予定概要(栃木市)」と題されたこの書類には、配布対象者の氏名が明記されているのだ。

 リストに名を連ねる面々に取材すると、

「(後援会費は)ないです。正月なんかには(茂木)本人が“これ作ったから使ってください”という感じで手帖をくれます」(Tさん)

「(後援会の)会費は納めていない。手帖は年末、自宅まで秘書さんが持ってきてくれるんです」(Mさん)

 との証言が。茂木事務所に改めて見解を尋ねるも、「事実関係については、9日付コメントで説明したとおりです」という答えだった。

 ***

 8月23日発売の「週刊新潮」では、茂木大臣の公選法違反第2弾を掲載。そのウソを詳しく追及する。