ご乱心「トランプ」最悪シナリオ 失点続き、支持率低下

国際週刊新潮 2017年8月10日号掲載

 首席補佐官のプリーバス氏は、パラノイアで分裂している──。

「7月27日に『ニューヨーカー』電子版に掲載されたスカラムッチ新広報部長の談話は、まさに常軌を逸した身内批判。ミニ・トランプの誕生ですね」

 と話すのは、全国紙の外信部デスク。

...

記事全文を読む