トランプ政権、疑惑の「ロシアゲート」は弾劾の門

国際週刊新潮 2017年6月1日号掲載

 夏目漱石の小説『門』は、過去の罪を抱えた男が救いを求めて門をくぐる――。翻って、「ロシアゲート」という“過去”を持つ米・トランプ大統領の前に現れたのは、くぐれば命取りという「弾劾の門」。司法の門番たる特別検察官の登場で、罷免の可能性も俄かに現実味を帯びてきたのである。

 ***

...

記事全文を読む