天皇「生前退位」問題 平川祐弘東大名誉教授、マスコミが作った「祈るだけでよい」発言に反駁する

社会新潮45 2017年8月号掲載

 天皇陛下の退位に関する有識者会議において「天皇は祈るだけでよい」と発言したかのように扱われ、様々なメディアから指弾された平川祐弘東京大学名誉教授(※祐は示ヘンに右)。その言葉には天皇陛下が「強いご不満」を示されたともいうが、発言自体の事実がない。自身に向けられた言われなき中傷について、平川氏は「新潮45」8月号で厳しく弁駁している。

 ***

...

記事全文を読む