一番近くて一番遠い“家族”を描くクドカン(TVふうーん録)

芸能週刊新潮 2017年7月20日文月増大号掲載

 友達と一緒にいても寂しいときがある。結婚していても孤独を感じるときがある。共感してくれる人が日本に数百人はいると思っていたのだが、脚本家の宮藤官九郎がそのひとりだとわかって、妙に嬉しかった。

「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」(2日&9日放送・日テレ)が、まさに「友情の思い違い」と「家庭内孤独」を描いていたからだ。

...

記事全文を読む