小栗旬、“フジのドラマには二度と出ない”の激怒

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 喜怒哀楽を隠さない役柄は、画面の外でも健在だった。6月13日に最終回となったフジテレビ系ドラマ「CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班」。これに西島秀俊とW主演を果たした小栗旬が怒髪天というが、いったい何があったのか……。

 ***

 今や平均視聴率が2桁に乗れば御の字のドラマ業界にあって、今作は10・5%(関東地区)。大団円を迎えたのだ。放送記者によれば、

「小栗にとっては、作家の金城一紀氏と共に5年間も構想を練った作品なので、思い入れが人一倍強いのです」

 そんな彼だけに、ある放送回の内容について、大そうご立腹なのである。

 小栗を知る芸能関係者が明かす。

「5月2日放送の第4回で、冒頭のシーンがカットされたのです。制作の関西テレビから放送直前に知らされた小栗さんは、早く教えてくれていれば撮り直しもできたのに、と怒り心頭で、“フジのドラマには二度と出ない”と言っています」

 主演俳優がここまで激怒するとは穏やかでないが、オンエアされた問題の第4回を振り返ってみよう。

次ページ:カットされた“冒頭シーンの内容”

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]