暴行「豊田真由子」代議士 “いつか刺される”秘書が語った恐怖の車内

政治週刊新潮 2017年6月29日号掲載

■「豊田真由子」その女代議士、凶暴につき(1)

「この、ハゲーーーーーっ!」

 夜9時、宵闇に包まれた街を、埼玉県の新座市から朝霞市を目指して走行する黒のホンダ「フィット」。後部座席に座っていた彼女は突如、目の前の運転席に座る男性に向かって耳をつんざく大絶叫を始めた。それは常軌を逸したとしか表現のしようがない、聞く者の心を抉(えぐ)るような、いや言葉そのもので運転席の男性をいたぶり、嬲(なぶ)り殺さんとするような、狂気の喚き声だった。

...

記事全文を読む