打ちひしがれた人にどういう言葉をかけるべきか 瀬戸内寂聴さんが被災者と向き合ってまず呼びかけたこと

社会 2017年6月28日掲載

■「頑張れ」とは言えない

 落ち込んでいる人、弱っている人に、「頑張れ」と言うのはご法度だということは、よく言われる。

 しかし、では何と言えばいいのか。

 そういう場面で言葉に詰まってしまった経験のある方も多いのではないだろうか。

 作家の瀬戸内寂聴さんは、2013年、東日本大震災から満2年を迎える頃に、仙台の東北大学で記念講演を行った。新著『生きてこそ』で綴られている、その時の印象的なエピソードをご紹介しよう(引用は同書より)

...

記事全文を読む