「キムタク以外の4人」の結束を裏切った中居 元SMAPの完全解体

エンタメ 芸能 週刊新潮 2017年6月22日号掲載

  • ブックマーク

 期間満了となる9月8日をもって、ジャニーズ事務所との契約終了となることが明かされた稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の元SMAPの3人。中居正広(44)ら4人は揃って退社し、飯島三智・元チーフマネージャーと共に新たな芸能活動を展開する──そういう見方が大勢を占めていた中で、足並みに乱れが出たのはどういうわけか。中居の心に忍びこんできたものは何か。

 ジャニーズ事務所には3人の総帥がいて、それはジャニー喜多川社長(85)、メリー喜多川副社長(90)、そして藤島ジュリー景子副社長(50)という3人の代表取締役を指す。

 3人の独立が発表される前、さる芸能関係者が語っていたところによれば、

「ゆるやかにジュリーさんに権力を移行中で、彼女は4人と個別に面談して今後どうするか感触を探ってきました。香取はそういうアプローチを受けても返事をしなかったぐらいだから退社は間違いない。一方の中居は現場のマネージャーが“ジュリーさんが話したいと言ってきていますけど、どうします? 断りましょうか?”って訊いたんです。そしたら彼は、“おいおい、誰が事務所を辞めるみたいな話をしたっていうのよ。オレ、全然、ジュリーさんと会うよ”と、こんな感じだったみたい。彼はどこまでもテレビの人。MCの仕事を続けるにあたってはジャニーズにいる方が得策だし、新しい仕事を積極的に入れているから事務所を辞めるって雰囲気はなかったですね」

 事実、中居は今年1月末からキリン「氷結」の広告に出演している。

「わざわざ出て行く人間に新しい、しかもナショナル・クライアントの広告を回しませんから、この話が煮詰まった段階で中居は残留するハラを固めていたのでしょう」(先のデスク)

 キリンとの契約は延長されたというから、その点からも3人と行動を共にすることはなかった。

 稲垣と草なぎについては、

「事務所を辞めるにあたって2人が悩んでいたのは、“一部を除いてテレビやCMの仕事は諦めざるを得ない。芝居と映画中心で生きて行くしかない。それで大丈夫なのかどうか……”という点です。でもブレずに飯島について行くことを選んだのでしょう」

 と、これはある芸能プロ幹部の打ち明け話だ。

 こと生き馬の目を抜く芸能界である。何の後ろ盾もなくこの世界を乗り切っていけるのかという疑問は稲垣と草なぎの悩みと繋がっているが、中居についても、

「今後は苦しくなるよ。少なくとも解散騒動の途中からは木村も含めて全員がブレてないわけだから。中居だけでしょ、態度を変えているのは。“カメレオン”なんて批判されてもおかしくないよね。名よりも実を取れば、当然そういった声は出てきますよ」(芸能関係者)

 とはいえ別の関係者は、

「もちろん中居もそれは理解している。同時に事務所にも恩があるから、最低1年はしっかりそれを返し、立つ鳥跡を濁さずで、先発隊の3人に合流する可能性もないわけではない」

特集「元『SMAP』キムタク以外が『1対3』に分裂! 裏切りの『中居正広』独立凍結の深謀」より