「食道」「気道」使い分けの「反射神経」鍛錬にカプサイシンが効く!

ライフ週刊新潮 2017年6月8日号掲載

 人は年を取ることによって物を飲み込む筋力と、反射神経が衰えてしまうものだ。なるべく衰えさせない方法はないものだろうか。

 ***

 食べ物が喉を通る際、気管は瞬時に閉じられ、食道が開くようになっている。その時間は0・8秒、嚥下は一瞬の連係プレーで行われるのだ。そして、食べ物が間違って気道に入り込んでも、むせたり咳き込んだりすることで排出される仕組みになっている。その鍵を握っているのが「サブスタンスP」というペプチドだ。

...

記事全文を読む