天津・木村 後輩ムーディ勝山の持ちネタをジャック 一発屋芸人の骨肉の争いを髭男爵がルポ

芸能新潮45 2017年7月号掲載

「ゲッツ!」「なんでだろう~」「ヒロシです……」。一世を風靡し、急速に表舞台から姿を消す“一発屋芸人”たち。だが、彼らは決して“終わって”などいない。むしろ虎視眈々と、次の機会を狙っているのだ。

 そして、そんな一発屋界を揺るがす事件が起きた。その名も「バスジャック事件」。

 事件は、「右から来たものを左へ受け流すの歌」でブレイクしたムーディ勝山が、“ロケバスの免許”を取るところから始まる。仕事が減り、ロケに呼ばれなくなったムーディ。だがどうしてもロケに行きたい。

...

記事全文を読む