「豊島区」待機児童ゼロ達成 “消滅”の悪評打ち消す

社会週刊新潮 2017年6月15日号掲載

 どこぞのニュース番組よろしく、♪ゼロ~、と安易には言えないようだ。依然として、政府が待機児童ゼロを達成できない中、意外や意外、東京は豊島区が実現したという。23区では千代田区に続き、2番目だ。厚労省担当記者の話。

「政府は当初、2017年度末までに待機児童を解消するとしていましたが、現状では減るどころか、増えてしまっている。安倍総理も2020年度末までと目標を延期させました」

 その最中の“ゼロ”である。保育園に詳しいジャーナリストによれば、

「豊島区はかつて待機児童が多いとされ、保活するママの間で評判はさほど良くありませんでした。

...

記事全文を読む