異色ゴルファー・青木瀬令奈、プロ7年目で初優勝

スポーツ週刊新潮 2017年6月15日号掲載

 かかあ天下とからっ風──そんな上州娘の目にもその瞬間、涙が溢れた。

 新潟・ヨネックスCCで開催された「ヨネックスレディス」を制したのは群馬県出身の青木瀬令奈(せれな)(24)。プロ7年目にして初のツアー優勝である。

「父はドラマー、母はピアニストという音楽一家に生まれた異色ゴルファー。名前は“セレナーデ”に因んでいるのだとか」

 とゴルフ記者が語る。

「彼女の年代は、成田美寿々、酒井美紀、堀奈津佳と強豪がひしめいているのですが、そんななかで青木はアマ時代から注目された選手でした」

...

記事全文を読む