上田桃子、3季ぶりV “熊本の悪夢”と“肝っ玉母さん”

スポーツ週刊新潮 2017年6月1日号掲載

「神様が助けてくれた」

 上田桃子(30)の母、八重子さんは試合後、記者にこう漏らした。

 愛知・中京GC石野Cで開催された「中京テレビ・ブリヂストンレディス」は、最終組15番終了時点で桃子、テレサ・ルー(29)、川岸史果(22)が首位タイという大接戦を繰り広げていた。

 桃子といえば4月、地元熊本で行われた大会で最終ホール80センチのウイニングパットを外した上、プレーオフで池ポチャし、大逆転負けを喫したばかりである。

 ちなみに、八重子さんはこのときの池ポチャを、

...

記事全文を読む