福岡「金塊奪取」事件 主犯は20年前の高級車窃盗男

社会週刊新潮 2017年6月1日号掲載

 一筋縄ではいかない厄介な事件である。

 昨年7月、博多駅前で7億6000万円相当の金塊が盗まれた事件で、福岡、愛知両県警は5月23日までに20代から70代までの男計7人を逮捕した。福岡県警担当記者の話。

「事件は貴金属会社役員らが金塊を売却しようとしたところ、ニセ警官が突如現れ、そのまま持ち去ってしまったというもの。その後、4億円強が都内の貴金属店に売却されています」

 主犯格と見られるのは、名古屋市の会社役員・野口和樹容疑者(42)。この男、愛知県警内では知られた存在だった。

...

記事全文を読む