森喜朗会長、小池知事の祝電受け取りを拒否? バトルは佳境へ

政治週刊新潮 2017年5月25日号掲載

“祝”と“呪”は紙一重。2020年の祝祭が近づくにつれて、増していくのは怨嗟の声ばかりである。

 都政担当記者の話。

「東京五輪開催に向け、ネックになっているのが1兆8000億円とも言われる莫大な大会経費を国、都、組織委員会等がどう分担するかという点。中でも、他県の仮設施設の費用500億円について、小池都知事は3月末に決断すると明言していたものの、理由をつけて先延ばしにしていました」

...

記事全文を読む