追悼・与謝野馨氏 「耳障りなこと」を言い続けた大物政治家の人物評

政治 2017年5月25日掲載

 与謝野馨元衆議院議員が亡くなった。享年78。

 その経歴については、もはや繰り返すまでもないかもしれない。

 歌人の与謝野鉄幹・晶子を祖父母に持ち、本人は1976年の初当選以来、自民党きっての政策通として知られた。文部、通産大臣、官房長官等を歴任している。

 その与謝野氏の初の著書、『堂々たる政治』は、氏の政治哲学や「同業者」たちの人物評が盛り込まれた1冊だ。

「耳障りなことでも事実をきちんというのが政治家の仕事」という信念をもっていた与謝野氏だけに、率直に語られている政治哲学や政治家についてのエピソードは今読んでも興味深い。

...

記事全文を読む