“95歳”夫君引退 “91歳”エリザベス女王の進退は

国際週刊新潮 2017年5月18日菖蒲月増大号掲載

 英王室の高級スタッフに緊急招集がかけられた――。5月4日、英メディア各社は一気に緊張した。

「誰もが“どっちだ?”とまずは考えたはずです」

 と話すのは、ある全国紙の外信部デスク。

「エリザベス女王91歳、フィリップ殿下95歳。王室の突発事態として可能性が一番高いのは、やはり夫妻の体調急変ですからね」

 結果的に肩透かし……などとはさすがに辛口の英紙も書かなかったが、バッキンガム宮殿から公表されたのは、エジンバラ公フィリップ殿下の今秋以降の〈公務からの引退〉だった。

...

記事全文を読む