サラリーマン家庭にも身近なリスク 失敗の実例に学ぶ「相続税対策」

食・暮らし週刊新潮 2017年4月20日号掲載

■失敗の実例に学ぶ「相続税対策」(1)

 東京23区では5人に1人が課税対象に――。税制改正の結果、サラリーマン家庭にも身近なリスクとなりつつある相続税。だが、節税ばかりに勤しんだ結果、子や孫に禍根を残すことも少なくないのだ。数々の失敗例を目にしてきたプロが明かす相続対策の神髄とは。フジ相続税理士法人代表社員の高原誠氏が解説する。

 ***

 これまで、ほとんどの方々にとって「相続税」は対岸の火事だったと思います。事実、2014年に亡くなった日本人約127万人のうち、相続税の課税対象者はわずか4・4%に過ぎませんでした。

...

記事全文を読む