生島ヒロシも体験、介護のトンネルの中の“絶望” 他人事ではない介護殺人

社会週刊新潮 2017年4月6日号掲載

■他人事ではなかった「介護殺人」の恐怖(5)

 高齢化する日本社会で相次ぐ「介護殺人」の実態を追った小社刊『介護殺人─追いつめられた家族の告白』(毎日新聞大阪社会部取材班著)は、大きな反響を呼んだ。このおぞましくも哀しい事件は、介護体験を持つ著名人にとっても他人事(ひとごと)ではないという。

 ***

「私の場合、恵まれていたことに妻、義妹、義弟、息子、信頼できるヘルパーさんと、『チーム』を組めたので何とか介護を乗り切れたんだと思います。『介護殺人』に登場する方の多くは、『1対1』で介護に向き合っていますからね」

...

記事全文を読む