牛丼「松屋」に“シャリアピン” 発祥は帝国ホテル

ライフ週刊新潮 2017年4月20日号掲載

 付けも付けたりシャリアピン! 牛丼「松屋」の新メニューに“シャリアピン”の登場であります。

 往年のオペラ歌手フョードル・シャリアピンが逗留先のわが帝国ホテルに「柔らかいステーキが食べたい」と所望したことに端を発するシャリアピンステーキ。彼は歯痛に悩んでいた。時は1934(昭和9)年である。

 以来、帝国ホテルの名物に成長、今もメインダイニングのひとつ「ラ ブラスリー」のメニューに燦然と輝く。

 そこに松屋――。

「シャリアピンステーキは意識していますが、ウチのは『チキングリル定食 シャリアピンソースを添えて』で鶏肉です。

...

記事全文を読む