「金正日の料理人」平壌ツアーを企画 謎のカナダ人の狙い

国際週刊新潮 2017年4月13日号掲載

 世を騒がしている「てるみくらぶ」の倒産劇をみても、水先案内人たる旅行会社の選択は重要である。黄金週間が近づき渡航の計画を立てるムキもあろうが、「白頭(ペクトゥ)文化交流社」をご存じの方は少ないだろう。何せこの会社、かの北朝鮮へのツアーを専門に扱い、朝鮮語を流暢に話す謎のカナダ人が同行するという。正直、“不安”しかありません。

 ***

“近くて遠い国”へと誘うその会社のウェブサイトにはこう書いてある。

〈平壌にて、金正日総書記の専属料理人を務めたかの有名な藤本健二氏の新たにオープンした寿司&ラーメンレストラン“たかはし”を訪れるという旅行ツアーを独自に企画しました〉

...

記事全文を読む