元AKB、秘密交際クラブで荒稼ぎ 「まゆゆとレッスン受けたことも」

芸能週刊新潮 2017年4月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 指切りからハグ、肩組みまで。世にスキンシップは多々あれど、握手から一足飛びにベッドインへと移ってしまうケースもある。かつてAKB48メンバーとして舞台に立っていた女性が、いま会員制の「交際クラブ」で大暴れだというのだ。

 ***

 時代を遡れば「愛人バンク」が世を賑わせたのは1980年代前半。以後デートクラブは、さまざま形を変えて生き長らえてきた。業界の事情通が言う。

「現在ではどこも軒並み“大人の男女の出会いをプロデュース”などと謳っています。あくまで交際の仲介という建前で、ただちに法には触れない。女性からすれば水商売より手っ取り早く稼げるので、希望者は後を絶ちません」

 こうした業界ではしばしば“元芸能人も在籍”といった触れ込みが宣伝に用いられる。その真贋は往々にして定かでないのだが、先の事情通いわく、

「半年ほど前にオープンした『セーシェル銀座』というクラブは、提携店と合わせて2000人の女性が在籍。タレントの卵やAV女優などに交じって、AKB48のメンバーだった女性もいます」

 同クラブは、男性が会員登録時、紹介可能な女性に応じて5万~20万円の入会金を支払う。女性は上からSV、V、S、A、Bとランク分けされ、対面するには別途「セッティング料」と「お手当」が必要。SVクラスの女性となればそれぞれ10万円が相場で、この元AKBも同格の扱いだという。

次ページ:■握手会の直後は

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]