高校山岳部8人死亡 雪崩を甘く見た“人為ミス”

社会週刊新潮 2017年4月6日号掲載

 登山講習の高校生らを巻き込んだ雪崩事故。雪山で起きた悲劇は、時が経つにつれ、人為ミスだった可能性が強まっている。

 栃木県那須町のスキー場で雪崩が起きたのは3月27日のこと。県高校体育連盟主催の登山講習に参加していた県内7校の高校生と教諭ら48名が雪崩に遭い、40人が負傷、大田原高校山岳部の生徒ら8人が亡くなる惨事となった。

 地元記者の話によると、

「雪崩は、3日間行われる講習会の最終日に起きました。前日から栃木県には、大雪、なだれ注意報が出るほど雪が降っていたため、当日予定されていた茶臼岳への登頂は中止したのです」

...

記事全文を読む