外国人女流棋士第1号・ステチェンスカさん、年収は100万円

社会週刊新潮 2017年3月2日号掲載

 結果は“シロ判定”とはいえ、スマホ不正疑惑の話題で持ちきりだった将棋界に、久々の明るいニュースだ。

 2月20日に行われた、第44期女流名人戦の予選準決勝。貞升南・女流初段を下し、決勝に進出したポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさん(25)が規定を満たし、女流棋士の資格を獲得。初の外国人女流プロ誕生とあいなった。

 将棋ライターが言う。

「彼女は16歳の頃、母国で漫画『NARUTO』の登場人物が将棋を指すシーンを読み、将棋に興味を持ったそうです。

...

記事全文を読む