告白本バカ売れの「清水富美加」、事務所に突き付けた診断書

芸能週刊新潮 2017年3月2日号掲載

 芸能界を引退して「千眼美子」を名乗ることになった清水富美加(22)の『全部、言っちゃうね。』(幸福の科学出版)がバカ売れである。突然の出家宣言で事務所も仕事先も不幸に陥れた彼女が、告白本に書いていなかったこと――。

 ***

「発売は2月17日でしたが、翌日には100冊入荷して、1日で74冊が売れてしまいました。すぐに数百冊を追加注文したいのですが、版元と連絡が取れなくて……」

 そう話すのは、大手書店・三省堂の担当者だ。

 そんな清水の『全部、言っちゃうね。

...

記事全文を読む