「この世界の片隅に」監督、「のん」起用のワケを語る

映画週刊新潮 2017年2月23日号掲載

 昨年11月に全国わずか63館で封切られ、口コミから評判が高まり、現在では300館規模での公開が続くアニメ映画「この世界の片隅に」。この大ヒットで片渕須直監督(56)の前作である「マイマイ新子と千年の魔法」(2009年公開)も注目され、リバイバル上映が広まっている。

「いやあ、ありがたいです」

 とは今作と前作の連続上映の舞台挨拶を終えたばかりの片渕監督である。長編アニメ映画の監督作品は3本だが、大塚康生、高畑勲、宮崎駿らの下で様々な作品に携わってきた。

...

記事全文を読む