女優の仕事はない「のん」 渡辺えりが共演の可能性を明かす

エンタメ 芸能 週刊新潮 2017年1月26日号掲載

  • ブックマーク

 女優ののん、というより本名・能年玲奈は、マルチな才能を持つ23歳らしい。演技は上手いし、絵の才能もなかなか。そして、声優としても高い評価を受けている。もっとも本業である女優の仕事は、元所属事務所とのトラブルが影響し皆無。しかし、ここに来て、例の「大きな顔の女優」が手を差し伸べたのだ。

 ***

 伝統ある第90回キネマ旬報ベスト・テンが発表されたのは1月10日のこと。邦画1位にアニメ作品「この世界の片隅に」が選ばれた。芸能記者によると、

「映画は、戦時下の広島・呉を舞台に懸命に生きる女性、すずを描いた作品です。のんがすずの声を務めましたが、広島弁を上手に話し、感情表現も非常に豊かと評判です。映画がヒットしたのは、彼女が声優をやったことも一因でしょう」

 事務所独立騒動で、昨年7月に能年玲奈から「のん」に改名したことは、ご承知の通りだ。その影響は今も続いているという。

 例えば、1月14日には、都内で開催された岩手県久慈市のふるさと交流会に参加した。久慈といえば、「あまちゃん」の舞台である。

「のんちゃんは、ジャンケン大会やお囃子に参加してくれて、最後には参加者たちとの記念撮影にも応じてくれました。彼女が登場したのは正味10分くらい。一生懸命久慈の人に御礼を言っていて、今後も応援したいと思いました。テレビ局は、もっと彼女を出演させてあげればいいのに」(参加者)

 NHKの朝ドラ女優がこれじゃあ、何とも寂しい限りではないか。

次ページ:舞台のイラスト

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]