億単位の国費がつぎ込まれるFランク大学、その役割と未来は

社会週刊新潮 2017年1月26日号掲載

■巨額の補助金「Fランク大学」驚愕の授業(3)

 ノンフィクション・ライターの白石新氏が明らかにするのは、be動詞のおさらいや“共に学ぶ楽しさ”を学ぶ授業、Wordの基本を学ぶコンピュータの授業など、Fランク大学の驚くべき実態である。文部科学省からは授業レベルに改善のお達しが出るが、問題は巨額の国費がこれらの大学につぎ込まれているという点である。

 ***

 小中学校と見まがうような授業をおこなう大学が、そこかしこにあることには驚くほかないが、なぜこんなことになっているのだろうか。

...

記事全文を読む