デイリー新潮

国際

16億円の空飛ぶ車、イスラエル企業が開発 納入先は

現在発売中

週刊新潮 2017年5月4・11ゴールデンウィーク特大号 
2017/4/26発売

ネット書店で購入する

「ドラえもん」にせよ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にせよ、フィクションの世界で「未来の車」は空を飛ぶもの。その“未来”が目と鼻の先にある。

「2020年を目途に“空飛ぶ車”を市場投入すると、イスラエルのアーバン・エアロノーティクス社が発表したのです。同社が15年にわたって開発を続けてきたこの無人飛行が可能な小型機は、自家用自動車ほどの大きさ。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2017年1月26日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事