東芝、上場廃止の瀬戸際に 隠蔽していた「データ捏造事件」

企業・業界週刊新潮 2017年1月26日号掲載

 東芝が抱える闇は深い。昨年末、1000億円単位の特別損失発生が明らかになり、上場廃止の瀬戸際に立たされている。その窮地を救うため、みずほ銀行など主力3行が1月10日に資金支援の継続を表明した。だが、実は、東芝はメインバンクはおろか、マスコミも一切知らない“データ捏造事件”を隠蔽し続けているという。

...

記事全文を読む