デイリー新潮

政治

ピコ太郎を知らなかった「共産党」委員長…求心力の低下

現在発売中

週刊新潮 2017年5月4・11ゴールデンウィーク特大号 
2017/4/26発売

ネット書店で購入する

 エリート意識と庶民感覚。似ても似つかぬこの二つを両立させているのが政治家だとしたら、日本共産党の志位和夫委員長(62)は半人前ということか。なにしろ“アッポーペン”のごとく合体させることができないのだから……。

日本共産党の志位和夫委員長

 共産党関係者の話。

「実は党内でピコ太郎がちょっとした話題になっています。というのも、紅白歌合戦の前に突然、志位さんが党幹部に“ピコ太郎って知らないけど、どういう人?”と聞いてきたのです。さすがに、周囲も“テレビもユーチューブも見ないのか”と呆れていました。動画を見て“全然面白くないねえ”とも言っていたそうです。昨年11月には赤旗日曜版で特集もしているのですが」

 国民的人気者も形無し。実は志位氏、とても高尚な趣味をお持ちなのだ。

「クラシック音楽、モーツァルトやショパンなどがお好きで、高校時代には本気で作曲家を目指したこともあるのだとか。奥さんとのピアノの連弾が得意。住んでいる船橋の団地では2部屋所有していて、そのうち一つはピアノ用です。もっと親しみやすい趣味を持たないと人気も上がらないと、党幹部は頭を悩ませているのです」(同)

 共産党の元政策委員長、筆坂秀世氏はこう分析する。

「かつて、委員長は絶対的存在で、揶揄されることなど党内でもなかった。こうした話が出てくること自体、委員長の求心力の低下を意味しています。彼は宮本顕治のようなカリスマ性も、不破哲三のような理論も持ち合わせてない。さらに、東大卒の共産党エリートですから、市民目線ともほど遠い人ですよ」

 15日から開かれる党大会で委員長続投が確実視されている氏。まずは“アイハバペン!”と一発かましてみたら──。

  • 週刊新潮
  • 2017年1月19日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事