大黒摩季、6年ぶりの復活の背景に実家「パン屋」の諸問題

芸能週刊新潮 2017年1月12日号掲載

 90年代を代表する歌姫と言えば、森高千里にZARD――、そして、「彼女」の存在も忘れてはなるまい。子宮全摘という大手術を乗り越え、昨年、6年ぶりのカムバックを遂げた大黒摩季(47)である。だが一方で、彼女の復活劇を陰ながら支えた「実家」はいま、正念場を迎えているのだ。

 ***

「ら・ら・ら」や「あなただけ見つめてる」など、数々のヒット曲で一世を風靡した大黒。1996年には、桑田佳祐やユーミンといった大御所を押しのけ、長者番付(歌手部門)で堂々10位にランクインしている。

...

記事全文を読む