デイリー新潮

芸能

SMAP解散の忘年会、事務所からの“中止勧告”で直前に店変更 堺正章プロデュースの焼肉店に

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 解散を迎えた昨年の大晦日。SMAPが選んだのはキムタク抜きの忘年会だった。会場は堺正章がプロデュースする焼肉店。「芸能界のドン」の影が見え隠れするこの選択は、所属事務所との対立も辞さずという覚悟を鮮明にするもので、叛逆ののろしでもある。

 ***

 NHKで紅白歌合戦が始まる少し前。正確には、2016年12月31日午後7時のことである。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2017年1月12日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事