コンビニATMから18億円出金事件 “出し子”へのマニュアルが存在

社会週刊新潮 2016年12月22日号掲載

 全国17都府県のコンビニATM約1400台から総額18億円が不正に引き出された――今年5月に起きた事件をご記憶の方も多いだろう。その周到なる“悪のマニュアル”の存在が明らかになった。

 ***

「実行したのは、住吉会系と山健系、さらに非暴力団系のオレオレ詐欺グループなど。事件の数日前に各グループの元締めが出し子(ATMの引き出し役)を緊急募集したのです」

 と捜査関係者が明かす。

 標的になったのは、南アフリカにあるスタンダード銀行が発行したクレジットカード。

...

記事全文を読む