暴力団組員はなぜフジテレビ局員の名義を借りたかったのか 暴力団排除条例の持つリスクとは?

国内 2016年12月22日掲載

 フジテレビは12月19日、同局の社会部記者だった社員が、取材対象者から接待を受けて、自動車の購入のために名義を貸していたと発表した。この取材対象者が「暴力団関係者」とみられるという報道は、師走の社会の耳目を集めた。
 報道によれば、この元記者は、2014年春ごろ、取材の過程で「暴力団の事情にくわしい人物」として、この取材対象者と知り合った。それ以降、東京都内の高級飲食店で、20回以上「過剰な接待」を受けた。この人物から依頼を受けて、高級車の購入のために名義を貸していたという。

...

記事全文を読む