キムタク主演映画を「嵐の会社」が大宣伝のナゼ 解散騒動の余波

芸能週刊新潮 2016年12月8日号掲載

 失ったものはみんなみんな埋めてあげる――。代表曲「らいおんハート」でSMAPはそう歌い上げていた。だが、紅白出場が絶望的になったことからも、メンバー間の亀裂が埋め難いのは明らか。しかも、解散まで1カ月を切るなか「嵐の会社」が、なぜか木村拓哉(44)の主演映画をプッシュする、奇っ怪な現象が物議を醸しているのだ。

 ***

〈映画「無限の住人」超豪華キャスト出演決定!〉

 テレビ局関係者を仰天させたのは、11月上旬に発表されたこの告知だった。

 といっても、本作にキムタクが主演すること自体は、すでに8月からアナウンスされている。

...

記事全文を読む