トランプの“金ピカ”ペントハウス、お値段は110億円

国際週刊新潮 2016年12月1日号掲載

 安倍総理が会談を行ったトランプ氏の私邸は、エルミタージュ美術館の「黄金の間」も色あせるようなペントハウスだ。広さも約2800平方メートルと、何から何までケタ違いである。市井の人なら眩暈(めまい)を起こすような成金趣味の豪邸を「査定」してみた。

 ***

 ニューヨークの中心部・マンハッタンの5番街にあるトランプタワーは対外的には68階建てとなっている。だが、「13階」など縁起の悪い階がなかったりするため、実際には58階建て。その、最上階から3階分を使ったペントハウスがトランプ氏の私邸だ。

...

記事全文を読む