トランプが導く株価と為替 値上げする株、下がる株は

国際週刊新潮 2016年11月24日号掲載

 大統領選の雌雄が決した9日、「トランプショック」が日本を直撃した。日経平均株価は919円の大暴落、翌日には1092円の大暴騰という乱高下に見舞われ、為替も一時1ドル=108円台まで値下がりした(14日現在)。

 今後、トランプは株価と為替をどこへ導くのか。

「1月の就任式までは円安ドル高が続くと思います」

 とはファイナンシャルプランナーの深野康彦氏。

「現在のドル高は、トランプが“10年間で100兆円”という大規模な公共事業を政策に掲げたことが影響しています。

...

記事全文を読む