日本人初の南極上陸 デジタル復刻の“探検”が上映に

映画週刊新潮 2016年11月17日号掲載

 南極と大隈重信との間に意外な“縁”があった。文化部記者の話。

「11月24日、東京国立近代美術館フィルムセンターで、長編記録映画『日本南極探檢』のデジタル復刻版が上映されるのです。明治45年(1912年)、白瀬矗(のぶ)陸軍中尉率いる南極探検隊の様子を撮影したドキュメンタリー。後援会長だった大隈重信邸での壮行会や南極での様子が収められています」

 少年の頃から探検を志していた白瀬は48歳だった1910年、帝国議会に南極行きに必要な経費を請願する。白瀬南極探検隊記念館の担当者が言う。

...

記事全文を読む