「ヒラリー大統領」が落とすニッポン経済への大きな影 TPP頓挫、円高圧力…

国際週刊新潮 2016年11月3日号掲載

 ドナルド・トランプ(70)とヒラリー・クリントン(69)が争うアメリカ大統領選挙は、ついに投開票を迎えた。「ヒラリー大統領」の誕生は“トランプよりマシ”とはいえ、対日本でのリスクは存在する。アメリカ国内でも多数派を占める“同盟国の負担増”の声に押され、日本の防衛費負担増は避けられないという。

 ***

 ヒラリー・リスクはそれに留まらず、ニッポン経済にも大きな影を落としかねないのだ。なかでも最も危ぶまれるのは、安倍政権が「成長戦略の切り札」に掲げ、今国会での承認に躍起になっているTPPである。

...

記事全文を読む