上海に建った“中韓合作”慰安婦像 反日でメシを食う芸術家

韓国・北朝鮮週刊新潮 2016年11月3月号掲載

 すでに解決したはずなのに、また喧(かまびす)しく騒ぎ立てる。これは日本にとってのポルターガイスト、すなわち「騒霊」に他なるまい。韓国ソウルの日本大使館前で火が付いた慰安婦像問題が中国に飛び火した。上海師範大学に、今度は中韓の少女2人をモチーフにした慰安婦像が建てられ、10月22日に除幕式が行われたのだ。

 ***

「最終的かつ不可逆的解決」

 昨年末の日韓合意で、両国は慰安婦問題についてこう確認した。にも拘(かかわ)らず、今回の「中韓合作」の「新慰安婦像」の設置は、いくら民間人によることとはいえ、合意の精神を踏みにじる行為以外の何物でもない。

...

記事全文を読む