山本幸三地方創生相に更なる疑惑…警視庁捜査の事件に関係、失踪者も

政治週刊新潮 2016年10月20日号掲載

 アベノミクスの仕掛け人として、山本幸三地方創生相(68)は鳴り物入りで、初入閣を果たした。だが、本誌(「週刊新潮」)が“疑惑の国会質問”を報じてからはキナ臭い話が次々に浮かび上がり、遂には失踪者が出ている事件にも絡んでいることが判明。まさに、真っ黒大臣なのだ。

 ***

“お友だち内閣”の一角が崩れるのは、この人からに違いない。

 政治部記者が解説する。

「10月3日の衆院予算委員会で、山本地方創生相は民進党の大西健介議員から“疑惑の国会質問”を追及され、釈明に追われました。

...

記事全文を読む