丸川珠代五輪相、自宅の新聞代を収支報告書に記載 事務所の使用実態に疑惑も

政治週刊新潮 2016年8月11・18日夏季特大号掲載

 舛添前都知事の辞任によって、一時後継として名が挙がったのが、自民党の丸川珠代五輪相(45)である。しかし、その政治資金をつぶさに見ると、トホホな公私混同――「新聞代」の付け回しが。

 ***

 都知事選では、現職の環境大臣として増田寛也候補の応援に回った丸川議員。

「丸川さんには忸怩たる思いがあったと思いますよ」

 と言うのは、さる自民党関係者である。

「後援会の会合に呼んでもらったり、バス旅行で紹介のDVDを流してもらったりと、対抗馬の小池(百合子)さんにはホントに世話になっていましたからね」

...

記事全文を読む