「高橋みなみ」卒業だから思い出す母親逮捕はどうなった?

芸能週刊新潮 2016年4月21日号掲載

 2005年、秋葉原でデビューした高橋みなみ(25)が「AKB48」に応募したのは、芸能界に入りたかった母親に夢を託されたのがきっかけだった。それから10年の4月8日、彼女は同じ場所で卒業ライブを行った。数々のスキャンダルに巻き込まれてきたAKBだが、彼女の場合、異色だったのは、その母親の「男問題」だった。

 ***

「高橋は、400人近い大所帯の絶対的リーダーでした。“じゃんけん大会”の前には円陣を組むのですが、拡声器で叫んでいた姿が印象的です。メンバーにゆるみがあると“皆何しに来たか分かってる? 仕事だよ、これ。

...

記事全文を読む