大谷翔平、スポーツ紙記者から“サイボーグ”と呼ばれるワケ

野球週刊新潮 2016年10月13日神無月増大号掲載

 長嶋茂雄元監督は「ミスター」だったし、松井秀喜は「ゴジラ」。プロ野球界のスターにはキャラクターにピッタリの愛称が付けられるが、この青年の場合はどうか。不可能と言われた二刀流を可能にした大谷翔平(22)。スポーツ紙の記者から「サイボーグ」と呼ばれる、そのココロは?

 ***

「今年の活躍は夢を見ているみたい。まさかこんなになるとは思ってもみなかったですよ」

 と声を弾ませるのは、岩手県に住む大谷の祖母である。

「アメリカに行くなんて話も出てますけど、向こうに行くと今より遠のいて、会えなくなるからねえ……」

...

記事全文を読む