間寛平、アースマラソン中に発見された「前立腺がん」との戦いを明かす がんに打ち克った4人の著名人(2)

芸能週刊新潮 2016年10月13日神無月増大号掲載

「今、僕が生きていられるのは、奇跡、奇跡、奇跡の連続のお陰。ほんま紙一重やったと思います」

 前立腺がんを患ったタレントの間寛平さん(67)はこう振り返る。がんが発見された10年1月、寛平さんは夢にみた「アースマラソン」の真っ只中。日本が位置する北緯35度の、ほぼ同一線上を、太平洋、北米、大西洋、欧州、アジアの順に辿り、世界一周するという壮大なスケールの旅である。

 前立腺がんのマーカーであるPSA値は、通常、4ng/ml以下が基準値だが、寛平さんは、02年に一度高いと指摘されていた。

...

記事全文を読む