デイリー新潮

社会

“豊洲”東京ガスの有害土地に1860億円…石原元知事の“懐刀”が明かす

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 ある女が2人の男と一緒に寝て犯された。どちらに乱暴されたかわからず女は悩み続ける。それが通奏低音のごとく物語を貫くのが横光利一著『上海』だ。そんなバカな?という類のものだが、ここ豊洲にも同種の話あり。都は市場用地取得のために、1860億円を東京ガスなどの地権者に支払った。二束三文の埋め立て地を有害物質だらけにした当事者たちが濡れ手で粟とはこのこと?

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年10月6日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事