藝大生の必要経費 最後の秘境「東京藝大」探検記(3)

社会 2016年10月6日掲載

 生きるだけでもお金はかかる。中でも芸術の世界は、お金のかかりかたも浮世離れしているらしい。『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』の著者、二宮敦人さんに藝大生のお金の使い方について、聞いてみた。

■楽器の値段は豪邸と同じ

 音楽学部(音校)であれば、何と言ってもまず楽器が高い。

「100万単位ですからね。ある学生さんは浪人が決まった時、ローンを組んで新しいホルンを買ったそうですよ。やはり良い楽器を使わないと、受験でも不利だそうです。

...

記事全文を読む